梅棹 忠夫 北海道 独立 論

都道府県独立国家論(とどうふけんどくりつこっかろん)は、現在の47都道府県が、領域・人口・経済などの条件をそのままに維持しつつ日本から主権 国家として独立することを想定した、現在および将来像についての議論を言う。 空想国家論のひとつ。 Amazonで梅棹 忠夫の日本探検 (1960年)。アマゾンならポイント還元本が多数。梅棹 忠夫作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また日本探検 (1960年)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 梅棹 忠夫(うめさお ただお、1920年 6月13日 - 2010年 7月3日)は、日本の生態学者、民族学者、情報学者、未来学者。 国立民族学博物館 名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授、京都大学名誉教授、理学博士(京都大学、1961年)。 従三位 勲一等瑞宝章。 日本中東学会初代会長を務めた。 た ぁ ー たん. 梅棹忠夫こそは、戦後日本に屹立する知の巨人です。若き日に『モゴール族探検記』『文明の生態史観』『知的生産の技術』をひもといた人は多いのではないでしょうか。しかし、ここにもう一冊、あまり知られていないスゴイ本があります。 梅棹忠夫著作集『日本探検』を毎朝読み続けている。 「人類史の未来に日本文明はなにを寄与しうるか、あるいはまた、日本文明におけるあたらしい可能性はなにか、というのがわたしのほんとうの主題である」。 . 北海道独立論 . 梅棹忠夫の幻の名著 『日本探検』(1960年) がついに文庫化された。中央公論社から刊行されている自選の『著作集』に収録されているとはいえ、単著として手軽な形で読めようになったことは、じつに喜ばしいことだ。 わたしはこの「幻の名著」をオリジナルの単行本を古本で入手したが. amazon co in login. 日本探検 (講談社学術文庫)/梅棹 忠夫(文庫:講談社学術文庫) - 福山誠之館、大本教、高崎山…。知の巨人は、それまでの探検で培った巨視的手法で己れの生まれた「日本」を対象化した。「文明の生態史観序説」と「知.紙の本の購入はhontoで。 北海道 梅棹忠夫「北海道独立論」 - 以下の書籍に所収。 梅棹忠夫・著 『日本探検』 中央公論社 1960年 臼井吉見・編 『現代の教養 1 』 筑摩書房 1966年 石毛直道・守屋毅・編 『梅棹忠夫著作集 第7巻 』 中央公論社 1990年8月 isbn 4-12-402857-1 記事中では、松下幸之助や梅棹忠夫なども「北海道独立論」的な考えを持っていたことが紹介されている。 この記事は「独立!北海道」というシリーズ記事の第1弾で、今後も 2 階 偏 微分 方程式. 梅棹忠夫論 (1) 梅棹忠夫は、不遇の人物である。これは、不幸な一人、ということではない。世間的に言えば、文化勲章受賞者であり、勲一等瑞宝章その他、いくつもの賞を受けている。 https twitter com yamada911. 福山誠之館 大本教 北海道独立論 高崎山 名神高速道路 出雲大社 空からの日本探検 『日本探検』始末記. 著者等紹介. 梅棹忠夫[ウメサオタダオ] 1920年、京都に生まれる。京都帝国大学理学部卒業。理学博士。

もっと詳しく知る »

2017年12月17日のブログ記事一覧-堂蓮記<北海道富良野成田山布部不動堂>

『読書』梅棹忠夫氏は、1960年に著書【日本探検】の第三章として「北海道独立論」を書いて居る。梅棹忠夫氏は、北海道の面積はオーストリアより小さいぐらいと書いて居る。世界地図で観ると北海道ぐらいの面積の国は幾つか在り、スイスもそうだ。 北海道より必ずしも条件が良いとはいえない北欧の国々が北海道より発展している。北海道も独立国たるの気概、心意気をもって自主性ある創意工夫を重ねることが大切だ。 北海道を独立国にした

詳細を見る »

CiNii 論文 - 北海道独立論--日本探検-3-

ヘルプ. CiNii Articles - 日本の論文をさがす. CiNii Books - 大学図書館の本をさがす. CiNii Dissertations - 日本の博士論文をさがす 都道府県独立国家論(とどうふけんどくりつこっかろん)は、現在の47都道府県が、領域・人口・経済などの条件をそのままに維持しつつ日本から主権 国家として独立することを想定した、現在および将来像についての議論を言う。 空想国家論のひとつ。

詳細を見る »

都道府県独立国家論 - 都道府県独立国家論の概要 - Weblio辞書

都道府県独立国家論 都道府県独立国家論の概要 ナビゲーションに移動検索に移動この記事には独自研究が含まれているおそれがあります。問題箇所を検証し出典を追加して、記事の改善にご協力ください。議論はノートを参照してください。(2015年11月)目次1... 戦後日本の植民地主義──梅棹忠夫の「北海道独立論」 、日本語 、 国際関係学研究43号 (頁 15 ~ 28) 、 2017年03月 、 葛西弘隆. 大学紀要 、 単著. 5.

詳細を見る »

北海道独立論 - モジログ - mojix.org

記事中では、松下幸之助や梅棹忠夫なども「北海道独立論」的な考えを持っていたことが紹介されている。 この記事は「独立!北海道」というシリーズ記事の第1弾で、今後も 10月29日、梅棹忠夫『日本探検』(講談社学術文庫)を読み終える。 梅棹の秘書であった藤本ますみさんの梅棹研究室での経験をつづった『知的生産者たちの現場』という本の中に、梅棹の『知的生産の技術』を読んだ東京の高校生たちが修学旅行の自由時間に研究室に押しかけてくる場面がある。 「日本探検」についてのみんなの感想・評価・レビューです。電子書籍はソニー【Reader Store】。国内最大級の品揃え!無料 ...

詳細を見る »

高崎山ーー「餌付け」成功の意味 - 久恒啓一のブログ「今日も生涯の一日なり」

今年になって「梅棹忠夫著作集」の第7巻を毎日少しづつ読んでいる。 「日本探検」の項の福山誠之館、大本教、北海道独立論を読み継いで、本日は長い論稿の「高崎山」を読了した。 西洋の自然観では人間と動物の断絶感があり、進化論が生まれた。 梅棹忠夫(1987)『メディアとしての博物館』平凡社 * 修士論文を読み直していたら、序文で僕はこんなことを書いていた。 「やっぱり僕は、博物館が好きなんです。どういう性格の、何を展示する博物館であってもね」(小川洋子『沈黙博物館』)

詳細を見る »

『日本探検』ーー福山誠之館、大本教、北海道独立論、高崎山、名神高速道路。出雲大社、空からの日本探検。 - 久恒啓一の ...

梅棹忠夫著作集『日本探検』を毎朝読み続けている。 「人類史の未来に日本文明はなにを寄与しうるか、あるいはまた、日本文明におけるあたらしい可能性はなにか、というのがわたしのほんとうの主題である」。 ... 北海道独立論 ... ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 梅棹忠夫の用語解説 - [生]1920.6.13. 京都,京都[没]2010.7.3. 大阪民族学者,文化人類学者。日本の文化人類学の先駆者で,梅棹文明学と称されるユニークな文明論を展開した。1943年京都帝国大学理学部卒業。同大学で動物生態学を専攻したが,1944年今西 ... 略歴 京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。京都大学文学部助手を経て、1987年より民博。 専門分野 文化人類学、モンゴル・中央アジアの遊牧文化 研究のキーワード モンゴル、中国内蒙古自治区、牧畜、社会主義的近代化 現在の研究課題 モンゴルにとって20世紀とは何であったか 所属 ...

詳細を見る »

都道府県独立国家論 - Wikipedia

都道府県独立国家論(とどうふけんどくりつこっかろん)は、現在の47都道府県が、領域・人口・経済などの条件をそのままに維持しつつ日本から主権 国家として独立することを想定した、現在および将来像についての議論を言う。 空想国家論のひとつ。 『梅棹忠夫の京都案内』 角川書店(1987年5月刊行の角川選書の文庫化) 2004 『山の世界』梅棹忠夫・山本紀夫編 岩波書店 2004 『日本語の将来 ─ ローマ字表記で国際化を』梅棹忠夫編 nhkブックス[1001] 日本放送出版協会 2003 また、文化人類学者の梅棹忠夫も文明論の立場から「北海道独立論」を著している。 それらに肩を並べるべくもないが、私たちの検討の特徴は、擬似的な独立国としての要件

詳細を見る »

未来として開く「失われたもの」|特集|北海道マガジン「カイ」

文化人類学者梅棹忠夫は「北海道独立論」(1960年)で、このトインビーの考えを自身の論考の入り口にしている。曰く、トインビーは北海道において日本の未来像を見た。しかし実際には、内地の姿が北海道を満たしていった。 北海道と沖縄が日本から独立したら本州は困るのでしょうか?よく、沖縄県が在日米軍の関係で独立したらという質問に「やってみればいい、中国の領土になるから」という意見があるのですが、逆に言えば本州が日本のリーダーなら、北海道と沖縄がロシア、中国の領土になったら、本州は ...

詳細を見る »

「アタマの引き出し」は生きるチカラだ!: 梅棹忠夫の幻の名著 『日本探検』(1960年)が、単行本未収録の作品も含め ...

梅棹忠夫の幻の名著 『日本探検』(1960年) がついに文庫化された。中央公論社から刊行されている自選の『著作集』に収録されているとはいえ、単著として手軽な形で読めようになったことは、じつに喜ばしいことだ。 わたしはこの「幻の名著」をオリジナルの単行本を古本で入手したが... 梅棹忠夫 日本探検 講談社学術文庫 : 梅棹忠夫 | HMV&BOOKS online - 9784062922548 本サイトはJavaScriptを有効にしてご覧ください。 中牧弘允 梅棹忠夫の博物館経営論を継承・発展させるために 「さわって楽しむ博物館 ユニバーサル・ミュージアムの可能性」(青弓社) 梅棹忠夫 シンポジウム開会式・本会議における基調演説「我ら新世界に参加す

詳細を見る »

日本探検の通販/梅棹 忠夫 講談社学術文庫 - 紙の本:honto本の通販ストア

日本探検 (講談社学術文庫)/梅棹 忠夫(文庫:講談社学術文庫) - 福山誠之館、大本教、高崎山…。知の巨人は、それまでの探検で培った巨視的手法で己れの生まれた「日本」を対象化した。「文明の生態史観序説」と「知...紙の本の購入はhontoで。 文化人類学者の梅棹忠夫(1920-2010)は1960年代に取り組んだ北海道論(「北海道独立論」)で、日本の近代主義は北海道で独特の展開を見せたと論考している。 梅棹忠夫さんが「情報産業論」を発表したのは、1963(昭和38)年のことであった。その年、私は高校を卒業し、大学に入学した。つまり、「情報産業論」を、ほぼ同時代的に体験してきたといってよいであろう。私は、大学では、工学部の工業化学系の学科に入学した。

詳細を見る »

日本探検 (1960年) | 梅棹 忠夫 |本 | 通販 | Amazon

Amazonで梅棹 忠夫の日本探検 (1960年)。アマゾンならポイント還元本が多数。梅棹 忠夫作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また日本探検 (1960年)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 北海道に独立論があったのをはじめてしった。しかも、梅棹先生は、ヨーロッパとアメリカやオーストラリア、ニュージーランドとの対比で、本州に対する北海道を論じている。おどろきである。本書のなかでもっとも興味 … 梅棹忠夫著作集第七巻「日本探検」を読み終わった。1959年から数年間の仕事で「中央公論」誌上で連載したものである。 ぞくぞくするような知的興奮に満ちた読書だった。梅棹先生の著作はいつ読んでも新しい。 探検の対象に挙げた地域や団体は様々だが、どの切り口からも日本の深層部が ...

詳細を見る »

CiNii 論文 - 戦後日本の植民地主義と文明論 : 梅棹忠夫の「北海道独立論」

戦後日本の植民地主義と文明論 : 梅棹忠夫の「北海道独立論」 葛西 弘隆 国際関係学研究 = The Study of international relations (43), 15-28, 2016 て知られる梅棹忠夫の北海道論、「北海道独立論」 (1960 年)をとりあげる。グローバルな文明論を 展開したことで知られる梅棹が、なぜ北海道につ いて語り、どのような道筋で北海道の独立国家樹 立を主張したのか。彼の仮説を支える問いの枠組

詳細を見る »

ショートエッセィ - 梅棹忠夫論

梅棹忠夫論 (1) 梅棹忠夫は、不遇の人物である。これは、不幸な一人、ということではない。世間的に言えば、文化勲章受賞者であり、勲一等瑞宝章その他、いくつもの賞を受けている。 花森安治と北海道──開拓・棄民・国家 、日本語 、 国際関係学研究44号 (頁 17 ~ 28) 、 2018年03月 、 葛西弘隆 大学紀要 、 単著 戦後日本の植民地主義──梅棹忠夫の「北海道独立論」 、日本語 、 国際関係学研究43号 (頁 15 ~ 28) 、 2017年03月 、 葛西弘隆

詳細を見る »

『日本探検』(梅棹 忠夫):講談社学術文庫|講談社BOOK倶楽部

梅棹忠夫こそは、戦後日本に屹立する知の巨人です。若き日に『モゴール族探検記』『文明の生態史観』『知的生産の技術』をひもといた人は多いのではないでしょうか。しかし、ここにもう一冊、あまり知られていないスゴイ本があります。 梅棹忠夫氏が死去した。本書のコアになっている論文は短いが、日本人論や日本文化論に大きな影響を与えた。これは先日のホリエモンとの対談で話したこととも関連するので、少し説明しておこう。 本書の考え方は、きわめて単純である。図のように、アジアの中心部には広大な 二. 梅棹理論--文明の生態史観と宗教の層序学--の示唆するもの 前節の最後に言及したような "比較文明論" 的な見方には、梅棹忠夫という先駆者がいる。

詳細を見る »

2017年12月10日のブログ記事一覧-堂蓮記<北海道富良野成田山布部不動堂>

『読書』梅棹忠夫氏は、1960年に著書【日本探検】の第三章として「北海道独立論」を書いて居る。今現在本州の保守右派極右な方が北海道を「反中央な赤い大地北海道!」と言い、本州革新左派極左な方が「親中央な極右政治家が時々目立つ! 梅棹忠夫著作集(第7巻) - 梅棹忠夫 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。

詳細を見る »

日本探検 / 梅棹 忠夫【著】 - 紀伊國屋書店ウェブストア

福山誠之館 大本教 北海道独立論 高崎山 名神高速道路 出雲大社 空からの日本探検 『日本探検』始末記. 著者等紹介. 梅棹忠夫[ウメサオタダオ] 1920年、京都に生まれる。京都帝国大学理学部卒業。理学博士。 都道府県独立国家論(とどうふけんどくりつこっかろん)は、現在の47都道府県が、領域・人口・経済などの条件をそのままに維持しつつ日本から主権 国家として独立することを想定した、現在および将来像についての議論を言う。 空想国家論のひとつ。

詳細を見る »

日本探検 (講談社学術文庫) | 梅棹 忠夫 |本 | 通販 | Amazon

Amazonで梅棹 忠夫の日本探検 (講談社学術文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。梅棹 忠夫作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また日本探検 (講談社学術文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 梅棹忠夫さんは、この 国立民族学博物館の初代館長さんでした。 梅棹さんは、フィールドワークを軸においた 生態学、民族学、比較文明学の偉大な先駆者として 知られる人ですが、 我々「ほぼ日」の乗組員にとっては、 著書『情報の文明学』で

詳細を見る »

梅棹忠夫 - Wikipedia

梅棹 忠夫(うめさお ただお、1920年 6月13日 - 2010年 7月3日)は、日本の生態学者、民族学者、情報学者、未来学者。 国立民族学博物館 名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授、京都大学名誉教授、理学博士(京都大学、1961年)。 従三位 勲一等瑞宝章。 日本中東学会初代会長を務めた。 戦後日本の植民地主義と文明論―梅棹忠夫の「北海道独立論」― Creative Commons : 表示 - 非営利 - 改変禁止 戦後日本の植民地主義と文明論―梅棹忠夫の「北海道独立論」― (1.27MB) [ 618 downloads ] ドラマの中でしばしば福沢諭吉の言葉がでてくる。「一身独立して一国独立す」と。ドラマのテーマを一言で言いえている。今日の朝日新聞の夕刊記事で梅棹忠夫さんのことが紹介されていた。梅棹忠夫さんの漢字廃止論は有名だそうだ。

詳細を見る »

楽天ブックス: 日本探検 - 梅棹 忠夫 - 9784062922548 : 本

福山誠之館/大本教/北海道独立論/高崎山/名神高速道路/出雲大社/空からの日本探検/『日本探検』始末記 【著者情報】(「book」データベースより) 梅棹忠夫(ウメサオタダオ) 1920年、京都に生まれる。京都帝国大学理学部卒業。理学博士。 はじめに. ほぼ日の糸井さんが、社員への課題図書としている「情報の文明学」という本を読んだ。この本は、梅棹忠夫さんが1962年に発表した論文「情報産業論」などをまとめたもので、インターネット社会を予測していたかのような内容から”知の大預言書"とも呼ばれているらしい。

詳細を見る »

独立について。北海道、千葉県など独立出来ると何かで読みましたがい... - Yahoo!知恵袋

北海道 梅棹忠夫「北海道独立論」 - 以下の書籍に所収。 梅棹忠夫・著 『日本探検』 中央公論社 1960年 臼井吉見・編 『現代の教養 1 』 筑摩書房 1966年 石毛直道・守屋毅・編 『梅棹忠夫著作集 第7巻 』 中央公論社 1990年8月 isbn 4-12-402857-1 (1)梅棹忠夫の問題提起. 梅棹忠夫の「妻無用論」「母という名のきり札」(『女と文明』中公叢書に収録)は1959年に発表された。 この1959年は、55年頃から始まった高度経済成長により「主婦」層が急増していた時期だった。 国際関係学研究 = The Study of international relations

詳細を見る »